自然農で玉ねぎを作ると
これはホームタマネギ?
と見紛うほどの小さな玉ねぎしかできませんでした
その上、細長い
土がまだまだ未熟なんだ!
土作りが十分じゃないんだ!
もっと微生物が増えないと玉ねぎは育たないんだと
掘りあげるたびに
がっくし肩を落としていました

皮を剥くのが苦痛になるくらい小さくて
カレーを作るときは
何個入れなきゃならないんだか
シチューには切らずにそのまんま!
一口で食べられますから〜

そんな自然農で作った玉ねぎに対するネガティブな印象が
ガラリと変わったのはこの方のおかげです

岡本よりたかさんの
無肥料のプランター栽培セミナーに参加したときのことです
「自然農の玉ねぎは大きくならないよ!それでいいんだよ!」

玉ねぎは茎が肥大したもの
無肥料栽培のユリ科の作物は
小さくて細長いのが普通

有機物をしっかり入れ、微生物たっぷりの土作りをして
無肥料でも丸い玉ねぎを作られている自然農の農家さんもあるそうです・・・
だから、土作りを頑張れば、いくらか大きな丸い玉ねぎはできるようですが


大事なことは
小さな小さな玉ねぎも
まん丸い立派な大きな玉ねぎに
勝るとも劣らないということ
自然農の玉ねぎが慣行栽培の玉ねぎの5分の1の大きさであったとしても
栄養価は自然農の玉ねぎの方が高いということです

PPKを目指している私
(ピン・ピン・コロリ・・・つまり死ぬまで健康)
少食を心がけています
小さい玉ねぎで十分

自然農の野菜を食べるということは
少食でも、ビタミン、ミネラルはたっぷり取れるということ
まさに健康になれる野菜なのです

こちらは昨日採った
無肥料栽培のイチゴちゃんです
百円玉と較べてみてください
  1. 小さい自慢です
IMG_1144

ん? 遠近法でちょっと大きく見える!!!



もっぱらこの子と争って収穫しております
実家に預けてるプランターです
IMG_1065


無肥料の小さい野菜がなぜ良いかわかる
岡本よりたかさんの著書
「野菜は小さい方を選びなさい」

IMG_1145


ちなみに
岡本よりたかさん
ご自分のフェイスブックでこんなこと言われています

土なんて、人間には作れない。土作りなんて偉そうなこと言ってるのは、土に混ぜ物してるだけのこと。土の微生物や土壌動物にとっては迷惑千万かもしれないのが、人間が勝手にいう土作り。

土を作るのは植物であり、土壌動物であり、糸状菌、放線菌、細菌などの微生物たちである。人間にはそんな能力など身についてはいないんだなぁ。

土が多様性のある状態に戻っていくために草が生える。草が生えると土壌微生物が増え、有機物が増えると土壌動物が増える。すごく良くできてるよね。


わかってるつもりですが
でも、土に混ぜものと言うより、土作りって言いたいんですけどぉ・・・


にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ