内海聡先生のフェイスブックから転載

日本におけるGMO作物の全体の輸入量はすでに二〇〇〇万トンを越えています。ちなみに、日本国内で、お米の生産量は約八〇〇万トンなので、これはお米の二倍を越える量です。かなりたくさん入ってきているということです。

現在、日本に輸入されているGMO作物は、...
・大豆(枝豆、大豆モヤシも含む)
・トウモロコシ
・なたね
・てん菜(砂糖大根のこと。砂糖の3割くらいはてん菜から作られているので、3割は遺伝子組換え食品かもしれない)
・ジャガイモ(現在は途上国で作られている)
・綿(インドの綿)
・パパイヤ(レインボーという品種)・
・アルファルファ(牧草なので、一般的に売られているものとは違う)
以上8つです。GMO作物そのものは基本的にはお店では流通していなくて、そのほとんどは家畜の飼料か食品添加物用、加工食品などの原料用になっています。

遺伝子組み換え食品の約98%は食品表示されません。表示が消えていくのです。GMOの食品表示が義務付けられているものは、「GMOの使用の重量が食品に占める重量の上位3品目まで、かつ食品に占める重量が5%で、DNAやたんぱく質に残っている製品の場合」です。また、現在は豆腐、納豆、コーンスナック菓子、ポテトスナック菓子などの食品33品目が具体的に指定されています。しかし、逆にそうでないものには表示義務がありません。

“表示義務がなくなる”カラクリは、たとえば、加工食品に使った場合、主な原材料とみなされない場合などで、表示義務がなくなるケースが多いということです。まず、しょうゆ、大豆油、コーン油、コーンフレーク、マッシュポテト、水あめなどは製品中にDNAやたんぱく質が残らないため、原料としてGMOを使っても表示しなくてもいいと法律で決まっています。お子さんが食べる食品、とくにお菓子に使われています。

また家畜の飼料として使った場合表示義務がなくなるので、家畜の飼料にはたいていGMO食物が使われています。飼料となっているのだから、〝生物濃縮〟されます。またたとえば牛の場合、GMO大豆を食べさせられて消化不良になって抗生物質も打たれて、体内の大腸菌がどんどん耐性を持って強くなるという悪循環を起こしています。さらに排泄物はどこに行くかといえば、農業に行って有機農業に使われています。こういったものの排泄物を利用するために作られたものが有機JAS認証制度ですね。意図したかどうかはともかく、GMOと有機農業はセットになってしまったのです。

https://www.facebook.com/satoru.utsumi

GMOと有機農業はセットになってしまった!!! 

やっぱり自然農でしょ!