甘いものをよく食べる子は風邪をひきやすいと、聞いたことがあります。
砂糖は免疫力を下げるということは以前から漠然と知っていました。

ずいぶん前から小食になり、豆乳ヨーグルトを食べ、添加物や加工品など極力食べない様にして、食品には人一倍気をつかって免疫力アップにつとめてきました。
でも、甘いものは別腹! (別腹にもわけがあります。満腹になっても、甘いものを見ると、脳が反応して、胃にa空きスペースが作られるというシステムらしいです。)
ランチのあとの、きれいに装飾されたデザートは、見てうっとり、食べてハッピー。
「たまに食べるだけだしぃ、我慢しすぎるのもストレスだしぃ・・・」を言い訳にして、食べてました。
それがなんと、今ではお菓子もすっかりやめて、お料理の甘味はみりんです。

砂糖が止められたのにはわけがあります。

実は、私、例の、亡くなった方もいるという、マダニに噛まれておりました。
全く気が付かず、多分3、4日はずっと血を吸い続けていたようなのです。
(48時間以内にマダニをとれば、ウイルス感染の可能性は低いということ・・・)

そのマダニがウイルスを持っていたかどうかはわかりません。
仮に持っていたとしても、免疫力さえあげておけば、ウイルスが体内に入っても、やっつけてくれるはずと思い、まずはマダニが噛んだ傷口に豆乳ヨーグルトを塗り付け、潜伏期間の2週間が過ぎるまで、ひたすら免疫力アップをこころがけました。
十分な睡眠、小食、豆乳ヨーグルト、ノニジュース、そして、砂糖断ち
甘いものがほしくなったら、甘酒を少し飲みました。
無事、潜伏期間は終わり、あれからもう何か月も経ちましたが、砂糖なしの生活を続けています。
甘いものがほしいという欲求もなくなりました。依存性があるんですね。
やっぱり、砂糖は麻薬かも・・・!

砂糖の危険性を詳しく知りたい方はこちらのリンクをごらんください。

さとうながおの館 カテゴリー 砂糖
http://satohnagao.blog.fc2.com/blog-category-7.html