岡本よりたかさんのフェイスブックから転載させていただきました

「バイオテクノロジー企業に支配される種苗業界」

1997年当時、世界の種子会社の売り上げランキングには、いわゆる遺伝子組換え作物の種子を販売する企業であるモンサント、デュポン、シンジェンタといった企業名はなかった。

遺伝子組換え種子の販売が開始されたのが1996年。この頃はシェアも少なく、ごく一部の実験的農家に限られていた。
...
しかし、これらの企業は、世界を支配する術を、エネルギー分野や医薬品分野で熟知していた。それは、世界中の中小の企業を乗っ取ることである。乗っ取りに成功してしまえば、自社の製品のみの販売という独占的販売が可能になる。

そしてたった10年の間に、遺伝子組換え種子を販売する企業が上位を占めるようになった。1997年当時に上位にあった種苗会社を徹底的に買収、あるいは吸収し、種子の世界へと一気に切り込んでいったのである。

もともと、モンサントもシンジェンタもデュポンも、そしてダウ・ケミカルも種苗会社ではない。いわゆる化学薬品、農薬等を販売するバイオテクノロジー企業である。これらの企業がなぜ、種苗会社を買収し始めたのか。

もちろん、食料生産という人の根源に関わる命の源を、完全に支配するためである。そして同時に、化学薬品や農薬、除草剤の販売量を増やすためでもある。遺伝子組換え種子は、除草剤や農薬などとセット販売されている。

しかも毒性を持つ作物である。これらの作物を食べ続けることで、腫瘍や癌、内臓疾患、不妊などに罹患する可能性を、多くの科学者が指摘している。

さらに、そうした病を治すために処方される薬も、バイオテクノロジー企業が販売するわけである。いわゆるマッチポンプ構造なのだ。

遺伝子組換え種子はたった数個の遺伝子を組み込んだだけで、地球が数千年育んできた命の源である種子を、特許という知的所有権により一企業の所有物としてしまうという、ペテンのようなシステムである。

これらに反対し続けなければ、我々の病は増え続けるだけでなく、食料生産の自由まで奪われてしまうだろう。

遺伝子組換え食品の詳細は「遺伝子組換え食品なんかいらない」グループで集約しています。
https://www.facebook.com/groups/non.gmo.jp/
もっと見る
写真: 「バイオテクノロジー企業に支配される種苗業界」(再掲)

1997年当時、世界の種子会社の売り上げランキングには、いわゆる遺伝子組換え作物の種子を販売する企業であるモンサント、デュポン、シンジェンタといった企業名はなかった。

遺伝子組換え種子の販売が開始されたのが1996年。この頃はシェアも少なく、ごく一部の実験的農家に限られていた。

しかし、これらの企業は、世界を支配する術を、エネルギー分野や医薬品分野で熟知していた。それは、世界中の中小の企業を乗っ取ることである。乗っ取りに成功してしまえば、自社の製品のみの販売という独占的販売が可能になる。

そしてたった10年の間に、遺伝子組換え種子を販売する企業が上位を占めるようになった。1997年当時に上位にあった種苗会社を徹底的に買収、あるいは吸収し、種子の世界へと一気に切り込んでいったのである。

もともと、モンサントもシンジェンタもデュポンも、そしてダウ・ケミカルも種苗会社ではない。いわゆる化学薬品、農薬等を販売するバイオテクノロジー企業である。これらの企業がなぜ、種苗会社を買収し始めたのか。

もちろん、食料生産という人の根源に関わる命の源を、完全に支配するためである。そして同時に、化学薬品や農薬、除草剤の販売量を増やすためでもある。遺伝子組換え種子は、除草剤や農薬などとセット販売されている。

しかも毒性を持つ作物である。これらの作物を食べ続けることで、腫瘍や癌、内臓疾患、不妊などに罹患する可能性を、多くの科学者が指摘している。

さらに、そうした病を治すために処方される薬も、バイオテクノロジー企業が販売するわけである。いわゆるマッチポンプ構造なのだ。

遺伝子組換え種子はたった数個の遺伝子を組み込んだだけで、地球が数千年育んできた命の源である種子を、特許という知的所有権により一企業の所有物としてしまうという、ペテンのようなシステムである。

これらに反対し続けなければ、我々の病は増え続けるだけでなく、食料生産の自由まで奪われてしまうだろう。

遺伝子組換え食品の詳細は「遺伝子組換え食品なんかいらない」グループで集約しています。
https://www.facebook.com/groups/non.gmo.jp/

あ~、恐ろし・・・


日本の種苗会社、乗っ取られていません。
がんばれ、日本!

固定種、在来種のタネをを販売している種苗会社
野口種苗
たねの森
高木農園
つる新種苗店
浜名農園
自然農法国際研究開発センター
他にもあるかもしれません

がんばれ、固定種・在来種!

夏野菜は、保温やらいろいろ、種から育てるのが面倒くさくて、ついついホームセンターで苗を買ってしまいます。固定種の苗販売してくれないかな~
昨年植えたトマト(ホームセンターで購入したおそらくF1)のこぼれ落ちた実から、今年は勝手にいっぱい育っているので、やはり面倒くさくても一度しっかり固定種のトマトを育てなくては。次年度からは、得意のズボラができるもんね

写真紹介したいのですが、一眼レフ買ったのはいいけど(もう一年くらい前ですが・・・)、パソコンに画像がいまだにとりこめない
アイフォンは水没して解約したし、古いカメラは我が家のハカイダー(とは何者かお知りになりたい方はカテゴリーペットをご覧になってくださいませ)に壊されたまんまだし・・・。
あ~、家族は誰も助けてくれないし~(>夫)

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
ブログランキングに参加しています
ポチッと押していただけると励みになります