敬愛する飯山センセの記事を転載します

◆2013/09/28(土)2  人間は食べなくても生きられる!



体細胞は60兆個。腸内微生物は100兆個

腸内細菌

体の細胞も、腸内微生物の細胞も、生命体の細胞は、蛋白質と脂肪の塊(かたまり)だ!ってことは…、腸内微生物(蛋白質、脂肪)は「栄養」だってことだ。だっから、腸内微生物(栄養)がどんどん増えれば、食べなくても生きられる!ってこと。分かる?




小腸の表面積は テニスコート1面分!
腸内細菌2


「小腸の表面積は テニスコート1面分!」 だっから100兆個もの細菌が住めるんだ夜寝~。この100兆個の腸内細菌は、全~部、蛋白質と脂肪の塊(かたまり)。つまり栄養物。この栄養物でヒトは生きていける。




5年間、お茶と生ジュースと炭酸水だけで、すこぶる健康に生きている弁護士さんの話には、みんなビックリして…、
「信じらんな~い!」とか、「餓死して幽霊が出てるんでしょ!」
な~んてUー電話もあって、鷲がビックリ。

ま、上の図を見て、鷲が書いた説明文を読めば…、

人間は 食べなくても生きられる!
ってことが理解できるはずだ。できないシトは、生きられない!

あ、こんな↓質問もあった。
「脂肪と蛋白質は分かったが…、ビタミンは?」
鷲は↓こー答えた。
「ビタミンも腸内細菌がつくる!」

「じゃあ、カルシウムは?」 という難問?が出た。
鷲は↓こー答えた。
「茶のカリウムを腸内細菌が原子転換してカルシウムにする!」

質問者はキョトン!
鷲は↓こー言ってやった。
「まってろ。近々微生物による原子転換をビシッと説明すっから!」

鼠~ワケで…、東京の弁護士さんが、5年間も不食なのに健康に生きている秘密が分かったと思う。

インドには、飲まず食わず排便せずで30年以上も生きている行者が実在し、インドの軍と学者がコレを認定しているんだが、この話はチミらのレベルでは理解できない蛇ろ~な。ワハハ。

http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#st09282


豆乳ヨーグルト食べ始めて、お肉を食べなくても平気になりました。我慢してお肉をやめたのではなく、お肉を食べたいという欲求がなくなりました。お肉を食べない、空腹になるまで食べない、腹7分目くらいでやめる、清涼飲料水一切飲まない、という日々をしばらく送っていたら、ただそれだけで、自然に体重がどんどん減ってきて、20代ウエスト58センチのナイスバディの頃まで・・・はさすがに戻らないけど、かなりスリムになりました。

からだも軽くて、体調も良好で~す!
化学物質過敏症もどんどん改善しております!
体重が減って、脂肪に溜まってた化学物質がデトックスされたことが大きな要因かなあ・・・、
でも、まだ三食食べてるし・・・私はまだまだまだです

食べなくても生きられる、肥料を入れなくても作物はできる!
微生物のおかげです・・・自然農のしくみ 人間も同じ