昨年の秋から使えるようになった畑
元耕作放棄田です

果樹と野菜を栽培しています

P1020992

細い棒状のものが果樹の苗、一応3~5メートル程度離して植えましたが、
生長後はどうなるのでしょう・・・

夏みかん、レモン、金柑、なし、もも、りんご、いちじく、南稿梅、
小梅、ゆすらうめ、びっくりぐみ、びわ、ぶどうなど・・・

こして書き並べると、こんなにいっぱい植えたっけ?
自分でもびっくり

昨年秋に苗木を植え付けました
実がなるまでは何年も先です
果樹栽培は農薬なしでは難しいと言われていますが、
無農薬で作るつもり・・・
この「つもり」は、農薬を使うかもしれないという意味ではなく、
無農薬でできなければ、あきらめるという意味の「つもり」なんです

植えつけたときはただの棒のようだった苗木ですが
芽吹いて緑の葉っぱをつけています

P1020994



冬に全て葉を落としていたレモンも金柑も夏みかんも
春になって、小さな芽がでてきました
畑やお庭にいろいろ植えてみてわかったけど
木は強い
葉を全部落として枯れ木のようになっても、根はしっかり生きています。
時期が来たら芽を出してくれます
生きてたんだね!よくがんばってたね!
という気持ちになります


畑では自然栽培にチャレンジしています
雑草もいっぱい
種が出来る前に刈ろうと思ってたけど、
タイミングを逃しました
夏がこわい!


P1030010

ナデシコ科の雑草、おそらく、ノミノフスマ
白い小さな花をいっぱい咲かせてましたが、あっという間に種ができて・・・


畑には
害虫の天敵、
かえる、てんとう虫、クモがいっぱいいます
強力な助っ人たちです
むくどりや雀たちもやってきます
かまきり、とかげ、蜂も大歓迎


P1030006

カラスノエンドウについた黒いアブラムシを食べるてんとう虫
この黒いアブラムシは、ソラマメにもついていたので、何匹か移動していただきました


自然界で成虫になれるのは
卵全体の1パーセントにも満たないのだそうです
生態系がしっかり機能していれば
キャベツの葉につく青虫は
成長途中でほとんどが姿を消すということ
実際、キャベツの葉に穴が空いていても
青虫の姿がどこにもないことが多いです


にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村